下の物語が日本独特の構造不況の構図
登場人物は、お客様が神様で、小売り店が殿様で、
問屋がお代官様で、商品企画会社が越後屋で、
染め職人が長屋住まいの八っぁんで、縮緬問屋が村の庄屋
機屋は小作人です。

神様は新作展示会に呼び出されて来る「長屋住まいの八っぁんの実演」がお気に入りで
毎年高額な着物を御求めになっていたが、
毎月のように誘われる展示会に財布の紐が固くなり、お買い上げの点数も年々少なくなってきた、
その為に売上不振に陥った殿様は考えた。そしてお代官を呼びつけて、「もっと利益の取れる物を」と、ご所望に相成った。
ただし品物はタダで貸して欲しいと言う。
その上に神様呼びこみの瓦版や芸人一座の余興も用意しろとの命に
お代官は無け無しの金子をばら撒き、神様を喜ばすイベント企画に東奔西走の日々となり申した。
お断りすれば他の代官に手柄を取られるとの危機感もあり、
はたはた困ったお代官様は町の越後屋を呼びつけて壱千着の
新しいミレニアム着物の製作を命じた。
それもまた、売れた分だけ金子を支払うからタダで貸して欲しいとの命である。
その命を受けた越後屋は「長屋住まいの八っぁん」「縮緬問屋の村の庄屋」を屋敷に招きミレニアム着物の製作を頼んだ。

「今は金子が無いので集金してから代金を支払う」との約束で「300日の約束手形」を
金子代わりに手渡して壱千着のミレニアム着物を製作しお殿様にお貸しした。

さぁいざいざ・・・準備万端新商品は相整ったが、お客様の神様は、
「そなたの業界の常識は、今の世の非常識」と仰せになって
着物展示の場にお出ましにならなかった。
そうこうするうち、商品をお貸しした町の越後屋に300日の支払日がやってきた。
八っぁんと村の庄屋に代金支払い出来ない越後屋は、その日の内にお奉行所に掛けこんで
「財産保全・破産」手続きを相済ませお店を閉めた。
紙切れとなった手形と壱千着のミレニアム着物の山を抱えて八っぁんと村の庄屋は途方に暮れてるとさ・・・
小作人はそれを知らずに、飲まず食わずでまだ機を織っている。

悪いのはだーれだ?
 分からない  神様 殿様 お代官 越後屋

八っぁん 村の庄屋 小作人 登場人物全員

あなたのメールアドレスは?  ※必須入力項目(半角英数で)
ご質問あれば記入してください。